2015年06月08日

「万能川柳ファンブック『万柳道場』」入選しました!

「仲畑流万能川柳ファンブック第87号」が届きまして、
「万柳道場」第31回テーマ「戦争」に入選しました!

実は、テーマを見た途端、ばばばっと詠んだので、連作なんです。

七十年あなたの分も生きました
パラオにて農家の息子飢えて死す
父戦死苦労した子が八十歳
お社も神輿も焼いた焼夷弾
父母が生き延びたから生まれた児

一句目。私の祖母です。享年104歳。
「岸壁の妻」となって帰還兵の船を待ち続け、
最後の船で、(帰ってこないんだ)と思い知ったそうです。
夫の分まで生きる、が、口ぐせでした。

二句目。私の祖父です。農家の長男なのに、三回も徴兵され、
パラオで戦死しました。「病死」との知らせでしたが、当時の状況からして餓死です。
作物を作る農家なのに、どれほど無念だったかと…。

三句目。私の父です。片親ということで、大変苦労したそうです。
父親がいないから、って、なめられて、
こっそり畑の境界線のしるしを少しずつこちら側へ動かされたことがあったそうです。
父が元にもどしました。
就職の時は、ちょうど就職難の時期にぶつかっちゃって…

四句目。受賞句です。実話です。
空襲の日、父の兄は自警団で消防活動をしていました。少年ばかりです。
お社の神輿が燃えるのを見て、(もうだめだ、逃げよう)と、避難したそうです。
神様が代わりに燃えてくれたんだと。

五句目。私と夫の両親が生き延びたから、私たち夫婦の息子らも生まれたんだなぁ、と。
夫の父方の話ですが、空襲のとき「防空壕にはもう入れない」と、締め出されたそうなんです。
駅に避難して助かりました。が、防空壕は、火災の熱で蒸し焼きになり、全員死亡したそうです。

まぁ、気持ちを一気に書いちゃったんで、
川柳としては少しこなれてなかったですね。
入選、嬉しいです!

私、間違いなく入選が増えてますが、
この本

読んでからですねぇ…効果すごい…


※※※人気ブログランキングへのクリック、いつもありがとうございます!※※※

〜〜〜以下、連絡事項PRなど〜〜〜
AmazonのKindleで、川柳集を自己出版(セルフパブリッシング)しようと目論んでおりまして、
今、編集中です。
一言解説つけることにしたら、えらい時間がかかってます!
表紙001wk.jpg

このブログに載せる句は、川柳集には選んでいない句です。

↓他にも「入り江わに」の電子書籍がございます
Kindle版:
絵本「サメのこどもたち」


ショートショート集「あやしうこそブログるほしけれ」


※KindleはKindle端末がなくても読めます。
無料のアプリをダウンロードすれば、スマホやPCで
Kindleがなくても読めます。
posted by わに庭 at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 川柳・短歌・俳句 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック