2011年12月04日

新風舎倒産と書店流通について思うこと。

今日も絵本「サメのこどもたち」は、売れていません。

すごい悩んでるんですけど、
何とか普通のリアル書店に流通させることはできないものかと…

本屋においてもらうことは無理でも、
注文があれば納入できるような方法がないもんか。

「絵本ナビ」は、個人のお客お断り、ってことだったけど、
正規のルート通ればいいんですよね?
自費出版の本を取次に登録する方法ってあるみたいなんだけど…

ネックなのは、出版元が「新風舎」になってることなんだよなぁ。
うちから取次に発送することができるなら、
流通させられるんじゃないかと思うんだけど…

出版するときは、
新風舎は絵本でヒット出してるし、
絶対新風舎が損をしないような契約をしてるんだから、
まさか倒産はしないだろうと思ってたんだよなぁ。

本当に、書店に流通させてくれるだけで、
ぶっちゃけ倒産さえしないでいてくれればよかったんだけど…

悪徳商法でもね!(この辺が擁護派って言われるんだよなぁ。今となっては、ああいうぼったくりの共同出版?協力出版?だっけ?はよくないと思ってますよ、ええ。)

だけどねぇ…、良心的な自費出版の出版社の方がいい、かも、しれないけど…
自費出版でも本屋流通させてくれる出版社もあるし、
そっちの方が費用も安いんだけど。

そこだって倒産するかもしれないしねぇ…

「ブタとガンマラー」って絵本が新風舎ともめて結局翔雲社から出版したんだけど、
日販のデータベースで「ご注文いただけません」になってるんだよね。
翔雲社の本、ほとんどがそうなってて…、どうしたんだろ?


今、考えてるのは、
出版社が倒産した後、在庫を再び流通させることができないか、
ってことなんです。

悩むなぁ。

あ、アンケートは、結局「売れない1」「わからない1」だけだったんで、
もう貼りません。
うちのアクセス数じゃ、そんなもんだろうなー。

アンケートそのものは面白かったんで、また別の機会に別のを貼ると思います。

Amazon


Amazon(モバイルリンク)


人気ブログランキングに登録しました。クリックお願いします。
posted by わに庭 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 自費出版(新風舎) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック