2011年08月28日

来たよ!『新風舎殿で出版をされておられました作家様へのご挨拶と電子書籍のご紹介』!

新風舎で出版してた人の個人情報、引き継ぎ会社にダダ漏れなんだな…

2008年に私が絵本「サメのこどもたち」を出版していた新風舎が倒産して、
当時新風舎には「クリエイターズワールド」と言う、
新風舎で出版した人のホームページがあったんですが、
その部分だけ引き継いだ会社があるんですよね…

私は、クリエイターズワールドに参加してな〜〜〜〜〜〜〜い!!
なのに何で個人情報が渡ってるんだぁ?!

新風舎に勧められたことは勧められましたよ。
インターネットでホームページ持つと世界に開かれててうんぬん、と。
即効断りました。
だって、その頃すでに楽天でブログやってたし、必要なかったもん。

嫌だな、こういうのが封書で送られてくるの。
心動かされる人もいるんだろうけどさぁ。

以下、来た手紙のベタ打ちです。誤字ありましてもご容赦を。

××××様

『新風舎殿で出版をされておられました作家様へのご挨拶と電子書籍のご紹介』

 謹啓 拝眉の機会を未だ賜りませずに、突然のお便りの失礼をお許し下さい。

 2008年、新風舎殿が倒産後、Web部門(クリエイターズワールド)を引き継ぎました、株式会社PASSWORD(パスワード)、代表取締役・松田提樹と申します。
どうぞ宜しくお願い致します。

 私ども株式会社PASSWORDは主にインターネットコンテンツの制作・運営などを業務としているIT系ベンチャー企業でございます。また引継ぎと同年にクリエイターズワールドの会員様から「出版業務を行ってほしい」という多くの声を頂いたことを受け、2008年7月に株式会社PASSWORDの一事業部として出版事業「クリエイティブメディア出版」を立ち上げ、ちょうど三年を迎えました。

 この度、××××様には、改めてのご挨拶と共に、当社の電子書籍サービスのご紹介をさせて頂きたく資料をお送りさせて頂きました。
 出版二行立ち上げ時は手探りでの業務でしたが、角川グループにご指導、お力添えを頂き無我夢中で今日まで取り組んで参りました。クリエイターズワールドの述べ参加人数も1400名を越えました。
 そして、2010年度より、クリエイティブメディア出版では「出版大賞」開催、「電子書籍」制作など本格的に出版事業強化を進め、ようやくスタートラインに立つことが出来ました。お蔭さま第一回出版大賞では「大賞作品」も生まれ、今夏8月10日に発売を致しました。そんな中、電子書籍に関しましても続々とリリースされており、世界数40か国以上で読まれているといったとても嬉しい状況が続いております。「出版大賞から生まれた作品」、「他出版社から出版されていた作品」、また一番反響が多いのが「新風舎殿から出版され、その後”休刊”となってしまった作品」です。日本は元より、世界中の多くの人たちに本を読んでもらう新しい時代が訪れたのを実感しております。電子書籍には「新刊」「旧刊」の区別がなくリリース時には「新作」として、今電子書籍の販売でも大人気のApple社のAppストアに販売されます。「楠ふき子」さんの絵本シリーズも、「井出英夫」さんのドキュメンタリー全て”休刊”から再スタートした「新作」です。

 そこで、私どもにご提案させて下さい。
 ご著書の再出版、新しいファンの獲得に向け電子書籍化してみませんか。
 この機会に是非、××××様に電子書籍の魅力をお伝えしたく、誠に勝手ながら資料をお送りさせて頂きました。お目通し頂ければ幸いでございます。

 何かご不明な点、素朴な疑問など何でも構いません。お気軽にご相談下さい。
 今後とも株式会社PASSWORD・クリエイティブメディア出版をどうぞ宜しくお願い致します。

 時節柄、一層のご自愛お祈り申し上げます。
                                         謹白


以上、斜字部分がベタ打ちでした。

段落開始の一字下げがやってあったりやってなかったりしたので、それは修正して打ちこみました。
「新風舎殿」「越えました」「世界数40か国」は原文のままです。「素朴な疑問」って表現もひっかかるんだけどな、相手に対して使うかな…?

「楠ふき子」さんも「井出英夫」さんも、寡聞にして知りません。
絵本ナビで調べたら、楠ふき子さんは文芸社から絵本を出している方ですね。
井出英夫さんは新風舎の第26回新風舎出版賞優秀賞受賞作「あなたは涙のでるほど良い妻でした―ガンで亡くした愛する人へ、最後のラブレター」を出版しておられます。

この手紙と添付の書類の内容については、私の意見は特に述べません。
宣伝広告の手紙なんだから、著作権は気にしなくていいのだと解釈しています。
むしろ宣伝になるんじゃないかと。

ただ、自分の個人情報が利用されてるのが気になります。
だって、新風舎の頃のクリエイターズワールド、断ったのに…

一応、自分の絵本はAmazonのe託で販売続けてるしなぁ。

Amazon


Amazon(モバイルリンク)


人気ブログランキングに登録しました。クリックお願いします。
ラベル:新風舎
posted by わに庭 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 自費出版(新風舎) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック