2010年02月21日

映画「オーシャンズ」のサメはロボット…

映画「オーシャンズ」に出てくると言う、サメ漁のシーン、
ヒレを切り取られたサメが生きたまま海中に捨てられる、ってんですが、
(私は「オーシャンズ」を見ていません)

気になって調べてたら、
asahi.comにこんな記事が。

動物との一体感表現 「オーシャンズ」の両監督
http://www.asahi.com/showbiz/movie/TKY201001150291.html

抜粋:

ペラン監督は「この作品はシンフォニーなのです」と言う。「私たちは動物たちの真っただ中にいたいと考えている。動物を守ろうという声をよく聞くが、私には、動物を他者として見ているように思える。この作品では、動物と私たちは一体なのだということを伝えようとしています」

 そのためには、ドキュメンタリーの枠組みを超えた撮影も辞さない。例えば、フカヒレ漁の漁師がヨシキリザメのヒレだけを切り取って、胴体を海に捨てるという衝撃的な場面がある。

 クルーゾー監督は「実はあのサメはロボットなんです」と打ち明ける。「私たちは実際の漁の映像を見て、それを忠実に再現した。だって私たちはサメがそんなひどい目に遭っている場面に立ち会い、観察者としてカメラを回すことなど出来ませんから」



サメはロボット?
ドキュメンタリーの枠組みを超える??

そういうの、「やらせ」って言うんじゃ…

元になってるのは、オーストラリア東海岸のヨシキリザメ漁だそうですが、これはまた聞きで、ソースが見つかっていません。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1336279803

他にも漁業関係者の方とか、
おかしいと思うシーンがあったみたいですね。
http://eiga.com/movie/54165/
(映画、好きだからここのサイト入ろうかなー)

うーん、やっぱ納得いかないなぁ。

「サメのこどもたち」、まだ今月は売れてなくて、
いよいよこれ今月売上0?!
と、びくびくしてます。

Amazon


Amazon(モバイルリンク)


人気ブログランキングに登録しました。クリックお願いします。

<追記:2011/9/4>

追記:その後映画.comには入会しました。いいサイトです。便利です!

オーシャンズは、見る気もしないので、見てません。
絵本「サメのこどもたち」を読んでもらえれば分かるけど、
主張が全然違うもん。

オーシャンズは、サメ→フカヒレ漁→ヒレだけ取って生きたサメを捨てる→残酷
ってシーンがあるわけでしょ?
見たくもないわ。しかも、そのシーンのサメはロボットだって言うし。

「サメのこどもたち」は、サメ学者の中野秀樹先生が、帯に書いて下さったように、

  サメは怖くない。残酷でもない。

って、いたずらにサメ=怖い=残酷ってイメージから脱しようとしている絵本だもん。
まぁ、それが主張ではないのですが。

だから、サメ好きの方でも、「サメは強くて怖いからかっこいい」って考える人には、

  受けません。

そういうのじゃなくて、サメって本当に興味深い生物なんですよ!
子供の生まれ方にも、卵生・卵胎生・胎生、ってあって、
絵本には書き切れなかったけど、

卵生のネコザメは、螺旋形の卵を産むんです。形が不思議なので「人魚の財布」って呼ばれてるんですよ。

卵胎生のジンベエザメは、魚類では最大の大きさになる魚。サメだけど絶対人を襲ったりしませんて!
主食はプランクトンと小魚だもん。

胎生の代表は、ホホジロザメにしたんだけど、ジョーズのイメージから残酷・怖い、って、
母ザメは、外敵のいない海を選んで出産するんですよ!
いきものなんだから、子ザメが少しでも生き延びられるようにするのは、変わらないでしょ?

人間と違うところもあり、同じところもあり、でもみんな地球の仲間なんですよ、
って、言いたい絵本なんです!

出版冊数は500冊、新風舎倒産時に断裁されて、350冊、
世間に出まわってるのは300冊弱。

読んでくれた子供は、好きになってくれる絵本なんだけどなー。

あ、最終ページに、サメをモデルにした戦隊ヒーローのイラストを遊びで載せてます。
どれが何のサメか、わかったらコメント下さいw

人気ブログランキングに登録しました。クリックお願いします。
posted by わに庭 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

『オーシャンズ(OCEANS)』
Excerpt: ザトウクジラとかホオジロザメとかオニイトマキエイとか・・ホントに美しい映像。 最初のカツオドリのダイブも圧巻。 どうやって撮ってるのーっ?と思う映像がたくさん。 ラストで流れる、ダイバーが並..
Weblog: CHAOS(カオス)
Tracked: 2010-02-22 00:17